上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
しめはまの調子はいいです。でも飼い主の調子が最悪。おととい40度近く熱がでて、まだ少し引きずっています。
思えば去年のひつじの闘病以来、ずっとかなり無理してきたなぁ・・・1年近くもよく持ったもんだ。

先週の金曜日に病院の定期診察へ。しめじは、皮膚の具合が副腎手術をする前のひつじのように、薄くたるんできてるのでもしや・・・と思ってましたがドンピシャでした。
どうやら右も来たみたいです。でもまだ触診でも確認できないので、もう一月メラトニン投与で様子を見ることになりました。
摘出に関してですが、しめはすでに左を取っているので、出来る限り右は残しておきたいとのこと。副腎を左右全部取ってしまうと、副腎から分泌されているホルモンが全くなくなるという訳で、それは体のほかの部分にも色々支障が出てくるのだそうです。
人間でも、そうですよね・・・。
そうなるとその症状を抑えるためにさまざまな薬を一生のみ続けなければならなくなります。
全く無いものをどうにかするより、出すぎているものを抑える方がまだやりやすいということで、しめじの右副腎はギリギリまで摘出はしないことに決めました。

さて、はまちの肝臓と胆石(の出来かけ)は、引き続きお薬とサプリメント(ミルクティスル他)を与えることになりました。
しかし・・・体重がじわじわと増え続けていることに関して、この分では夏になっても痩せる気配は無いと遂にダイエットの為の別ケージ生活宣告を受けてしまいました。
もはやサプリや運動でどうこうというレベルではないそうで、とにかく食事療法(カロリーと脂肪分を減らす)で痩せさせる!のです。
わが身にも通じるところアリ、非常に耳が痛い・・・・
でも、苦しい闘病での別ケージ生活ではなく、健康を維持する為の前向きな別ケージ生活なので、お世話は大変になりますがとても気は楽です。

飼い主のダイエットは、とにかく体調が戻ってからということで。

今日からまた薬再開。サプリと共におやつとして完食。
スポンサーサイト
2006.04.11 Tue l フェレット l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nikki4185.blog59.fc2.com/tb.php/7-b3635d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。