上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ひつじの夢をみました!
シチュエーションは、3年前に亡くなったはずなのに、あの状態から盛り返して一命を取りとめたんだ・・・ってなっていました。
でも、夢ではひつはごはんもたべずウンチも良くなく、元気が無くて病院に連れて行かなきゃ、ってとこでした。

今はもう7歳半だから(実際生きていたら7歳半)何があってもおかしくない、寿命かもしれない、って病院に連れて行く。
実際に通っていた病院名とかかりつけの先生の名前が夢にちゃんと出てきた。
○×動物病院、フェレにとっても詳しい女医さんで・・・と、待合で知り合った人に話している。
でも夢の中の病院は実際に通っていた病院の外観ではなく、人間の総合病院みたいな、大きな病院。
駐車場がいっぱいで、病院の敷地内に車を停めて中で待っている。
駐車場が空いて車を移動させる。
ふとひつじを見たら、眠っているんですけど、鼻や肉球が真っ赤になっている。
ほかほかと血行が良い感じで。
見ていると、う~んと伸びをしながら寝返りを打って・・・
それを見て、「あ!元気やんか!」って思って安心する。
場面変わり、何故か室内。
ひつを抱き上げて、顔の前にもってくる。
筋肉のぱんぱんに詰まった体、体重のずっしり感、硬い毛の毛並みの感触・・・ハッキリ覚えている。
ひつじは鼻面を私の顔に近づけて「ふんふん」ってにおいを嗅いでいっぱい鼻水を付けて、その冷たい感触もしっかりと覚えていて。
「ひつじ、こんなに元気だったら病院行かなくても大丈夫だよね?ごはんももういっぱい食べられるよね?」って聞いたら、「たべる!」って、ひつじが答えた!
言葉として、音として聞こえた感じではないが、確かに「たべる」ってひつじが言った・・・
嬉しくて嬉しくて、胸に抱えて抱きしめて、「ひつ~!!!」って仰向けにひっくり返って喜んでいたら、ひつじが「はなせ~!降ろせ~!」って暴れて、こんだけ元気なら大丈夫だって、部屋に放つとあっちこっち嗅ぎまわって走り回って・・・

「こんなに元気ならどこ行っちゃうか心配だけど、室内だから大丈夫だわ」ってひつを見ているところで目が覚めました。

とにかく嬉しい。

すっごく嬉しい。

13日に続いて、今年に入ってからひつの元気な姿の夢を見るのは2回目です。
しばらく3匹の夢を見なかったから、この頻度はすごい。
しかも今までの夢とはちょっと違う。
きっと、ひつが「向こうでこんなに元気にやっているよ、心配しないで」って言っているのかもしれない・・・
元気な姿を見せに、逢いに来てくれたに違いない。
今回の夢は、この手でひつを抱っこして、いっぱい撫でて、抱きしめられたから、すごく嬉しい。

何かの壁をひとつ隔てたところにいるひつじたち、元気にやっていてくれてるんだなぁ・・・
スポンサーサイト
2008.01.25 Fri l フェレット l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.03.18 Tue l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nikki4185.blog59.fc2.com/tb.php/32-f9cb0c3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。