上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日記やブログ、始めてしまいましたが・・・
自分の時間が思うように取れず、更新が殆ど出来ません。
書くのは嫌いではないのですが、今の状態だと「自分には向いていないのかも」と(汗)
忘れた頃に更新です。

日々いろんな出来事があり、書き留めておきたいことは山ほどあるんですが(泣)
もうすぐひつじの一周忌。8月はなんと去年しめひつ達を病院に診察に連れていったのと全く同じ日に通院することが2回もありました。
その内の一つは、突然のしめの変調です。幸い大事にいたりませんでしたが、なんだかひつじがしめはまの不調を教えてくれたような気がして、本当に不思議でした。
去年の8月のカレンダーを冷蔵庫に貼って、一日一日辿っています。ひつじと一緒に病との激闘の記録がびっちり書いてあります。
去年と全く同じ日に通院した時の帰り、今は移転して別の場所にありますが、ひつが通っていた当時の病院へ車を走らせてみました。
あの日と同じ、青い空の快晴。この信号で、この道で、ひつじを失うかもしれない恐怖に何度泣きながらハンドルを握ったことだろう・・・
まるで昨日の事のように鮮明に思い出されて、本当に辛かったですが、何故かやらなくてはいけないことのように思えて車を走らせていました。
毎日毎日ひつと一緒に点滴に、ひつが入院している間はひつに会いに通った病院は、表をガラス張りにされ、美容院かブティックのように改装されているところで、それを見たとき「ああもうここにはひつじはいない、いつまでも(辛かった)思い出を引きずる必要はないんだ。時間は流れていて、ひつも自分も先に進んでいるんだ」と感じ、何かがふっきれたように思いました。
帰り道はとても穏やかな気持ちで、涙は出ませんでした。

ひつじが教えてくれたものは本当に大きくて、その後の人生を変えてしまった程です。
また、ひつのお陰で人の優しさを沢山沢山知ることが出来ました。
1フェレットですが、私の人生の師匠のように思えるのです。
今元気なしめはまも、きっとそうなるんだろうなぁと思っています。

動物(ペット)は、飼い主に何かを教える使命をもってやってくるそうです。
ひつじは使命を全うして・・・いや、今もイタ天から、たまにやってきて私に色々教えてくれています。
出来の悪い生徒だから、苦労するよきっと。おかあさんがひつのいたずらに手を焼いたように。

今日は去年ひつじが最後に入院した日。お別れまでの1週間の始まり。
たくさん頑張ったよね、ひつ。ひつもおかあさんも、偉かったよねぇ!そして沢山の人に支えてもらったよね。
今度はみんなにお返ししていこうね。一緒に。
スポンサーサイト
2006.08.22 Tue l フェレット l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nikki4185.blog59.fc2.com/tb.php/15-71768cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。