上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
古いフェレ友さんのフェレちゃんが、今精一杯消えゆく命の炎を燃やしています。

ひつの時を思い出す。
しめの時を思い出す。
はまの時を思い出す。
なすの時を思い出す。

病気と闘って、痩せ細りながら、もう体を起こす事も出来ないのに、あの時のひつのように、しめのように、はまのように、なすのように、銀次郎ちゃんは全力で頑張っているんだ。

もうまた元気になる事は望めず、あと僅かで、二度とこの子に触れる事が出来なくなってしまうんだ、もう今生では二度と会えなくなってしまうんだという恐怖と悲しみと焦りと・・・
でも最後までこの子の為に。
この子と一緒にいたい。

お別れを目前にした時の、あの時の自分と同じ、身を引きちぎられるような辛さを、今フェレ友さんも感じながら介護をしているんだろうなぁ。


子ども会関連の山ほどの資料作りに追われながらも、気になるのは銀次郎ちゃんのこと。
ただただ、どうか穏やかにと祈るばかりです。

スポンサーサイト
2015.03.16 Mon l フェレット l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。