上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
フェレショーの翌日から、古いフェレ友さん繋がりで知り合ったフェレ友さんの子をお預かりしていました。

らいちゃんとめいちゃんという、男の子と女の子です。
らいちゃんはむっちりブラックセーブルのニュージー。
めいちゃんもらいちゃんにそっくりの、小粒でとっても愛らしいパスっ子。
おっとりマイペースのらいちゃんと、常に走り回って、よじ登っている人懐っこいめいちゃん。

らいちゃんはしめひつはまのゴムのおもちゃが大のお気に入り。
めいちゃんはしめひつはまのチューブトンネルが大のお気に入り。
久々のフェレライフを満喫しました。
若い子ってこんなに元気やったんやー。
そういえば、しめひつはまも若い時はすごかったなぁ・・・
でもらいちゃんとめいちゃんは、3匹とまた違う。
同じフェレなのに、見事に1匹1匹個性があります。

明日ママパパがお迎えに来られという、お預かり最後の晩のこと。

思えば、6月18日からはまが酸素室生活になったので、このケージにハンモをかけてフェレが暮らすのは丸5ヶ月ぶりです。
らいちゃんとめいちゃんが来る前日、空のケージを掃除して、ごはんの器とお水のボトルをセットし、上下のハンモックをかけた時、死んでいたケージがだんだんと生き返っていくような気がしました。
丸7年、ここにフェレがいた・・・
今らいちゃんとめいちゃんが寝ているケージ、これが我が家では「当たり前」の生活でした。
空っぽのケージが「非日常」なのに、そっちが当たり前になってしまうのかな。
飼い主さん達がお迎えに来たら、またこのケージ空っぽになっちゃうんだなぁと思うと、はまを見送った後のような寂しさが押し寄せてきましたが、お預かりしている者の使命は無事お預かりちゃんを飼い主さんに返す事。
らいちゃんめいちゃんが、元気に無事お家に帰って行く事が、喜ばしい事なんだと自分に言い聞かせました。

最後の晩は特別に放牧時間を延長し、行ってはいけないところ---台所のシンクの上や、カウンター、ケージの上の金魚のごはんなどを置いているところに、抱っこをして2匹を乗せて特別に探検させました。
すると、ものすごい興奮して2匹ともいつまでも全く電池切れせず!!!
まったりマイペースで、ちょっとビビリさんのらいちゃんも、この探検の魅力には勝てなかったようで・・・(笑)
めいちゃんは目が合って呼ぶとすっとんで来たりしていましたが、らいちゃんはちょっと控えめだったんです。
でも!
私の足元にずーっとまとわり付いて、たっちして足にしがみついてきて「抱っこしてー」「上にあげてー」とものすごい催促しまくりで・・・。
もう可愛くて可愛くて!!
最後の最後に、らいちゃんとも親友になれたような気がしました(笑)

もしかしたらもう2匹と会うことはないかもしれないけど、ここでの5泊6日の事をずっと覚えていてくれたら嬉しいなぁ。
また、会えたらいいな。

らいちゃんめいちゃん、楽しいフェレライフをどうもありがとう!!
スポンサーサイト
2007.11.28 Wed l フェレット l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。