上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
29日に、原因不明の肺炎の経過を見る為はまちを病院に連れて行きました。
いつもより時間をかけて聴診器を当てる先生をみて、肺炎良くなってないのかな~と思いつつ、レントゲン検査へ。
結果、呼吸が荒く心臓に雑音があり、心臓肥大であることが発覚しました。
肺の炎症は前回の検査よりは良くなっているが、心臓近くがまだ炎症をしていることと、肝臓も腫れており、おそらくこれらの症状は心臓に起因しているであろうとの先生の見解でした。
心臓に関する病気は色々あって、進行がゆるやかで薬で安定した状態を保てるものもあれば急激に進行していくものもあるそうでそれを調べなければならない事と、どっちにしろ今から治療を開始した方が良いとの事。
心臓が原因であるかどうか確認する為一週間血管拡張剤を与えて、来週心エコーを撮ることになりました。

うっ血性心不全という病名もあがり、これは進行してくると肺に水が溜まっていき、肝臓がうっ血して腫れるんだそうです。
はまちのぶしゅぶしゅしたくしゃみのようなのは、肺炎が原因ではなく、気管に湿気(水)が入り起こっているとも考えられるそうで・・・。

ひつじは左副腎摘出、しめは脾臓と左副腎、歯茎のエプーリス摘出と手術を経験してきましたが、今まではまちは外科的療法な病気とは無縁でした(その代わりずーっと肝臓の薬を飲んでいますし、背骨が曲がってしまったり、左足の関節がゆるく脱臼したまま固まっていて、歩きにくいというのはありますが)。
ひつもしめも、持病で治療していた以外の病気で旅立つことになってしまいましたが、はまちも全く予想外だった所から来たか、という感じです。

でも・・・考えてみたらはまも6歳と2ヶ月。
フェレではもうおじいちゃんの域に入るんだもの、いろいろと出てきてもおかしくないなぁ。
夏頃まで1,6kg前後あった体重が1,3kgちょっとに落ちて、だいぶ体が軽くなり走れるようになったはまを見て、以前より活発元気になった印象を受けましたが、そうなんだ、もうおじいちゃんなんだよなぁ・・・。
先生に「ちょっと暴れるとすごく呼吸が荒くなる。疲れやすくなっていないですか?」と聞かれ、以前のはまは太りすぎと腰のせいでちゃんと歩けず、すぐ床にぺったんしていたので気づきませんでしたが、よくよく見ているとちょっと走って移動してはぺたっと休んでいます。
やっぱり心臓に負担かかっているんだろうか。

これから心臓に関して情報を集め、予備知識を増やして、はまが残りのフェレ生を出来るだけ苦しみなく快適に過ごせるよう、出来る限りの事をしていこうと思います。
のんびりまったりのはまちらしく、穏やかに緩やかに、長生きして欲しいです。
スポンサーサイト
2006.11.29 Wed l フェレット l コメント (0) トラックバック (0) l top
晩、2階のトイレのドアを開けた時の出来事・・

うちのトイレの窓は、幅10センチくらいのガラスが並んでて、ハンドルでくるくる回してブラインドのフリップみたいに開けるタイプの窓です。
2階のトイレの窓は、ほぼ全開(各ガラスが水平になるくらいの位置)にしているんですが・・・

そのガラスの隙間に、なんと羽をふくらませてまるくなったスズメさんがいらっしゃったんです!
突然点いた灯りに目を細めて「なによ~!せっかく私寝てたのにぃ~」といっているような気がして、思わず反射的に「あっすみませんっ!」
って言ってそのまま電気を消してドアを閉めました。

まさか、こんなとこで寝てるとは。
そういえば以前旦那が明け方トイレの窓にスズメがいたって言っていたなぁ。
1階にもトイレあるからわざわざスズメさん起こしたら可哀想だし、暫く夜中2階のトイレを使うのは控えようと思います。

なんだか、動物が家に住み着いてくれるのが少し嬉しいような・・・
野生の直感で「ここいいな♪」って思ってもらえるような家に住んでいるって、素敵だと思います。
スズメさん家賃はいらないから、でもうん@は控えめにお願いね★
と思った出来事でした。

今日はひつじの月命日で昨日はお迎え記念日。
また必ず出会えますよう。
2006.11.28 Tue l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
しめじが突然旅立ってからもうすぐ三度目の水曜日午前2時6分。
急変した日曜日の晩から、本当に本当にたくさんの事が一気に押し寄せてきて、しめじが旅立った事も、いえついこないだまではまちと二人で元気に遊びまわっていたことすら、もうずっとずっと昔の事のように感じています。
その事にふと気づいた時、しめじが遠い思い出になってしまっていることに、張り裂けそうな悲しみを覚えます。

何であのタイミングで行くことに決めていたのかな・・・
はまちは、しめの体の事、しめが行ってしまうと決めていたことを知っていたのかな?
先に行っているひつじも・・・
なら、ひつじ何でおかあさんに教えてくれなかったんやろう?
しめも、なんでおかあさんに知らせてくれなかったんやろう?
たった2週間で、おなかにあんなに大きな腫瘍が出来たなんて信じられない。
先生も、こんなに突然しめが旅立つなんて全く思っていなかったし・・・
やっぱり決めていたんだねぇ。しめ。

しめに、聞きたいことが山ほどあります。しめの事について、ひつに聞きたいことも山ほどあります。そして、しめが旅立って一人になってしまったはまちにも・・・
はまは、しめが旅立った後病院に挨拶に行った際、原因不明の肺炎が発覚し今も通院しています。
うちの仔達は、みんな「可能性は低いが」と先生に言われたほうを辿ってしまった。
はまちも、そうなる・・・?肺結核?リンパ腫?ガン?
しめが旅立って、もてあまし気味にいつもより活発になったはまちの事が心配です。

しめじの旅立ちから怒涛のごとく押し寄せる試練に押し潰されそうですが、その中でも少しずつ光の兆しも見えてきて、やっとトンネルの出口が見えてきたかな?と思っています。
水星の逆行も今週末で終わりだそうなので、自分のパワーもまた復活してきて、試練を乗り越える底力を発揮できたら・・・出来るようにしなければいけないなぁ、ねぇ、しめ、ひつ。
2006.11.15 Wed l フェレット l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。