上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日晩からはまちを別ケージにしましたが、夜中しょっちゅう水を飲んでいる音はするものの、ごはんを食べている気配は無し。しめじのケージの金属の食器の音はするので、しめが食べているよう。
そして・・・
朝一番に、はまちが思いっきりケージをバリバリ!!まるで「腹減ってんじゃ~~!!こっから出して飯食わせろや~~!!!」とでも叫んでいるかのように激しくガリガリ。
ちび(人2歳)もその音にびっくりして起きて、寝ぼけて「こんちわ~」とか言うし・・・
仕方ないのですぐにしめじケージに合流させると、一目散に食器へ向かいごはんをバリバリ。
はま食器を見ると、殆ど食べた形跡がありません。ちなみにブレンドは、8社のアルティメットをメインに、アズミラのキャットフォーミュラとソリッドゴールドのカッツフラッケンを4割ほど混ぜています。

・・・この分では、痩せるどころか夜中食べていない反動で昼間食べまくり、逆に増えるかもしれません。
しばらく様子を見て、考え直さねばならないかも・・・・・・・・

ちなみに、飼い主の方も「可愛いわが仔にだけ辛いダイエットをさせるわけにはいかない」と、はま別ケージと同時に晩ご飯の量を減らし、夕食以降は一切口にすることを止めました。
一緒に頑張ろうや、はま・・・・・

今日のしめはま。
体重:しめ1.08kg はま1.54kg
昼のおやつ(という名の薬)に、亜麻仁油、アニマストラス、タンポポ茶とはまちは薬
夜のおやつ(という名の薬)に、定番サプリ、a/d缶、各々薬
に変えてみました。
スポンサーサイト
2006.04.12 Wed l フェレット l コメント (0) トラックバック (0) l top
今晩からはまちを別ケージにするため、今まで「病室」として使ってきた小さいケージを組み立てました。
はまは、腰が悪いからハンモは低めにしてあげた方がいいな・・・とセッティングしていて、そういえばひつじもずっとこのケージに入っていて、ひつも負担の無いよう低めのハンモにセットしていたことを思い出しました。水入れも同じ。食器もあの時と同じものを使います。
ケージの隅に、ひつじのうん@の跡や、ひつの毛がのこっているような気がして、涙が出そうになりました。
ストレスを無くす為今までいた大きいケージと同じBGのケージをひつ用に新調したのに、それにはたった2日しか居なかった。その後すぐ入院して、帰ってきたときはもうお別れの時でした。

このケージには、ひつが旅立った直後にしめじが術後の回復用に暫く入っていましたが、それも容態が急変して大変だった・・・
なんだか「病棟」のようなケージです。
でも、今回ははまちは健康の為にダイエット(よく食べる夜中だけ食事療法)という、前向きな理由でここに入ります。
悲壮感はありません。きっとひつも応援してくれてるでしょう。

頑張ろうね、はま。

しめはまの為とACの土台作りにレイキを学びたいといろいろアチューンメントしてくれるところを探していましたが、通える所にいいところが無く、遠隔アチューンメントをお願いすることにしました。
ACの土台作り、我が家の人&動物家族の為、ゆくゆくは他の沢山の動物達のお役に立てるようになれれば・・・
と思っていたのですが、ふと。
ACもレイキも、旅立った後のひつじの魂とずっとつながっていると、確認したい為だけなのだと気がつきました。
スピリチュアルに出会って、ACを受けて、ひつの声を聞かせてもらって、ひつの「死」は「別れ」ではないことを知りました。今までと変わらず、ただ見えないだけでいつも一緒にいること。必ずまた会えること。
でもそれはACのコミュニケーターさんを通してしか分かりません。私は、いろんな大義名分をつけて勉強を始めましたが、結局ひつじとの絆、つながりを自分の感覚として「実感」し「確認」するためにやっているのだ・・・ただそれだけ。

私にとってひつじの存在はいつまで経ってもとっても大きく、とてもとても大切です。
純粋にひつじの為、でもいいかなと思いました。
2006.04.12 Wed l アニマルコミュニケーション l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。